#NoBagForMe
Image by: ユニ・チャーム

Lifestyle

生理用品を隠さなくてもよい世の中に、ユニ・チャームがハヤカワ五味らと新プロジェクト「#NoBagForMe」を始動

#NoBagForMe
Image by: ユニ・チャーム

 ユニ・チャームは6月12日、生理用品ブランド「ソフィ」を通じて、女性がより自分らしく活躍できる社会を目指す新プロジェクト「#NoBagForMe」を始動した。

 #NoBagForMeは、生理用品の購入時に中身が見えないように紙袋やビニール袋などの外袋に包むことを断るという選択肢を持つことを推進するプロジェクトで、プロジェクト名は「袋はいりません」という意味を持つ。同社は女性が生理用品の存在を隠さずに生活することは、世の中の生理に対する理解を深めることに繋がると考えており、生理ケアについて意見を交換する場を設けることで全ての女性が自分に合った生理用品を主体的に選び、自分らしく生きられる社会の実現を目指すという。

 プロジェクトには、ハヤカワ五味、ゆうこすこと菅本裕子、あっこゴリラ、塩谷舞、瀧波ユカリの5人が参加。活動内容は随時公式ツイッターアカウントやnoteアカウントから発信していくという。

 ソフィではプロジェクトの一環として、女性の体に自然に起こる生理について「当たり前に語れる世の中であってほしい」といった願いを込めて、生理用品を隠す必要性を感じさせない新パッケージのデザインを開発しており、2019年末頃の発売を予定している。

■問い合わせ先
ユニ・チャーム:0120-423-001
プロジェクト公式noteアカウント

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング