Art

「モナ・リザ」「笛を吹く少年」など、大塚国際美術館が名画のコスプレを楽しめる体験型アートイベント開催

「皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式」の前での撮影イメージ Image by 大塚国際美術館
「皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式」の前での撮影イメージ
Image by: 大塚国際美術館

 大塚国際美術館が、体験型アートイベント「#アートコスプレ フェス2019 レボリューション」を開催する。会期は7月17日から11月24日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 #アートコスプレ フェス2019 レボリューションは、絵画の登場人物が着ている服を再現した衣装を着用できるイベント。着用後は名画を陶器でできた板に再現した陶板名画を鑑賞するとともに、作品の前で撮影ができる。レオナルド・ダ・ヴィンチ(Leonardo da Vinci)作の「モナ・リザ」や、ジャック・ルイ・ダヴィッド(Jacques-Louis David)が手掛けた「皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式」、クロード・モネ(Claude Monet)の「ラ・ジャポネーズ」、マネが描いた「笛を吹く少年」など11作品に登場する衣装28着を用意。28着の内12着の制作を京都造形芸術大学芸術部空間演出デザイン学科の学生14人が担当した。

■#アートコスプレ フェス2019 レボリューション
会期:2019年7月17日(水)〜11月24日(日)
場所:大塚国際美術館
住所:徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング