村上春樹ライブラリー発表会見の様子。左から鎌田薫前総長、村上春樹、田中愛治総長
Image by: 早稲田大学

Culture

設計は隈研吾が担当、「村上春樹ライブラリー」早稲田大学に2021年オープン

村上春樹ライブラリー発表会見の様子。左から鎌田薫前総長、村上春樹、田中愛治総長
Image by: 早稲田大学

 早稲田大学が、「国際文学館」(通称:村上春樹ライブラリー)を2021年4月に開設する。設計は建築家で早稲田大学特命教授の隈研吾が担当する。

 同校4号館の一部を改修して作られる同館は、同校卒業生で作家の村上春樹から寄贈される原稿や蔵書などを活用し、国際文学を研究する施設となる予定。具体的な構想はこれから決定するという。設計を担当する隈は「学生が実際にそこで村上文学に触れるだけでなく、今後の文学のあり方や世界のあり方をコーヒーを飲みながら考えてもらうような、カジュアルで文化的な場所になれば良いなと思い設計を進めています」とコメントをしている。

■早稲田大学:公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング