写真は展示会で披露された2019年の日本代表ナショナルユニフォーム
Image by: FASHIONSNAP.COM

Sports

「ザ・ノース・フェイス」2020年東京五輪のスポーツクライミング日本代表ユニフォームを製作へ

写真は展示会で披露された2019年の日本代表ナショナルユニフォーム
Image by: FASHIONSNAP.COM

 「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」が、2020年東京五輪のスポーツクライミング日本代表ユニフォームを製作する。7月12日に開催した説明会で発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 クライミングは2020年東京五輪から追加される競技で、リード、ボルダリング、スピードの3種目を競う。ザ・ノース・フェイスを展開するゴールドウインは、スポーツクライミングのオフィシャルサプライヤーとして、公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会と2021年まで契約を結んでおり、2005年から日本代表チームのウェアを提供している。ザ・ノース・フェイスとしてはクライミング選手の楢崎智亜、野口啓代、伊藤ふたば、小武芽生のサポートも行っている。

 五輪で使用されるユニフォームのデザインについて現段階では未定。日本代表のほかに、韓国、アメリカ、オーストリアのナショナルユニフォームも担当する。

■ゴールドウイン:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング