Image by: Tomokazu Yamada

Art

代表作に⽶津⽞師の「Lemon」など、映像監督 山田智和が初の個展を開催

Image by: Tomokazu Yamada

 映像作家 山田智和の初の個展「都市の記憶」が、伊勢丹新宿店メンズ館2階のギャラリースペース 「ART UP/アートアップ」で開催される。会期は7⽉31日から8⽉20⽇まで。

 ⼭⽥智和は1987年東京⽣まれ。⽇本⼤学芸術学部映画学科出身で、これまでにテレビコマーシャルや広告ビジュアルをはじめ、サカナクションやChara、⽔曜⽇のカンパネラ、KID FRESINO、あいみょんなどのアーティストのミュージックビデオなどを担当した。昨年公開された⽶津⽞師の楽曲「Lemon」のミュージックビデオでは「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2019」の最優秀監督賞を受賞。先日公開された「アンダーカバー(UNDERCOVER)」の高橋盾率いるクリエイティブチームが手掛けた「ヴァレンティノ(VALENTINO)」のキャンペーンヴィジュアルにも映像監督として携わっている。

 自身初となる個展「都市の記憶」では、⾃⾝が⽣まれ育った街である東京をベースに、海外を含め撮影で訪れた様々な都市での記憶や体験を独⾃の視点で切り取り、映像と写真を組み合わせた作品を展示。会期中には映像作品の展示、写真作品の展示販売のほか、メインヴィジュアルをプリントしたTシャツを数量限定で発売する。

■ 山田智和 個展「都市の記憶」
会期:2019年7月31日(水)〜 8月20日(火)10:00〜20:00
場所:伊勢丹新宿店メンズ館2階=メンズクリエーターズ内アートアップ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング