メインヴィジュアル
Image by: 展覧会「名前のないコト」

Art

東海林広太がラブリこと白濱イズミとコラボ、展覧会「名前のないコト」開催

メインヴィジュアル
Image by: 展覧会「名前のないコト」

 写真家の東海林広太と、ラブリの名義でモデル活動するアーティストの白濱イズミがコラボレーションし、展覧会「名前のないコト」をプロジェクトスペース「ユニオンソーダ(UNION SODA)」で開催する。会期は8月9日から8月15日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 東海林はファッションスタイリストとしてのキャリアを積んだのちフォトグラファーに転身し、香港やアムステルダムでの展示企画に参加したほか、「イェーライト(YEAH RIGHT!!)」や「レミ レリーフ(REMI RELIFE)」といったファッションブランドのヴィジュアルを手掛けるなど国内外で活動。白濱は自身の世界観を綴った詩や写真、絵画、絵本を発表している。

 同展では「均一化」をテーマにそれぞれが撮影した写真作品を公開。プリント作品の展示販売のほか、初日の8月9日には2人によるトークショーを予定している。

■名前のないコト
会期:2019年8月9日(金)〜8月15日(木)
場所:ユニオンソーダ
住所:福岡市中央区大名1-1-3-201
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング