Image by: NIKE

World News

ナイキ、子ども向けシューズの定期購入サービス「Nike Adventure Club」をアメリカで開始

Image by: NIKE

 「ナイキ(NIKE)」が、子ども用の定期購入サービス「Nike Adventure Club」をアメリカでスタートさせた。

— ADの後に記事が続きます —

 ナイキは日々成長する子どもの足の大きさに対し、約60%が間違ったサイズの靴を着用しているというデータに着目。次から次へと新しい靴を買い換えないといけないという親の負担を軽減するために子ども向けの定期購入サービスを考案した。

 サービスは、米サイズ4C〜7Y(およそ2歳〜10歳)が対象で、年間4足〜12足を100以上のモデルから自由に選び、定期購買できるというシステム。価格は月20ドル、30ドル、50ドルの3タイプが選べ、月50ドルのプランは1足につき10ドルを節約できるという。キットには靴のほか、親が子どもと遊べるアクティビティーガイドが付属。履かなくなった靴はナイキに返送することが可能で、寄付もしくはリサイクルに回される。

 ナイキの担当者は「このサービスがブランドにとってユニークな位置付けのサービスになるだけではなく、子どもたちに多くの選択肢を与え、親にとっても(サイズ不一致など)不安を取り除くことができる」とコメントしている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング