ラオックス公式サイトより

Business

腕時計専門店「ウォッチ・ドット」が前身、ラオックス新宿東口店が閉店

ラオックス公式サイトより

 腕時計&ジュエリー専門店「ラオックス新宿東口店」が、8月15日をもって閉店すると発表した。

 同店は、ラオックスと中国の家電量販最大手 蘇寧電器股份公司の提携による国内店舗事業の第1弾として2010年4月にオープンした「ウォッチ・ドット(WATCH.)」が前身。1階から7階までの7フロア構成で、オープン当時は日本最大級の時計専門店として、国内ブランドから海外高級ブランドまで1万点超の腕時計を取り揃えていた。2017年4月には名称を現在のラオックス新宿東口店に変更。また、香港を拠点とする大手ジュエリー販売店「周大福(しゅうたいふく)」を1階に誘致していた。閉店理由については非公開としている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング