Media

フォーブスが「30 UNDER 30 JAPAN 2019」を発表、清水文太や磯村暖など選出

「30 UNDER 30 JAPAN 2019」メインヴィジュアル
Image by: フォーブス ジャパン

 「フォーブス ジャパン(Forbes JAPAN)」が8月23日の今日、世界に多大な影響を与える30歳未満の30人「30 UNDER 30 JAPAN 2019」を発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 第2回となる「30 UNDER 30 JAPAN 2019」では、受賞メンバーを選出するアドバイザリーボードにモデルの冨永愛、日本フェンシング協会会長の太田雄貴、スポーツキャスターでマラソン解説者の高橋尚子、俳優の別所哲也ら19人を起用。「エンタープライズビジネス」「コンシューマービジネス」「ソーシャル」「アート」「サイエンス」「スポーツ」「フード」「ポリティクス」「DOU(=道)」「インフルエンサー」の10部門から30人を選出した。DOUは、日本オリジナル部門として今年新設。日本で古くから受け継がれている「空手」「将棋」などの分野で活躍している人が対象となる。

 インフルエンサー部門からはクリエイターでアーティストの清水文太、アーティストのリナ・サワヤマ、BLAST Inc. CEOの石井リナが、アート部門からはコンセプトアーティストの田島光二や、現代美術家の磯村暖らが選出された。またスポーツ部門では、「ユニクロ(UNIQLO)」のグローバルブランドアンバサダーを務めるスケーボード選手の平野歩夢や、日本人で初めて「ジョーダン ブランド(JORDAN BRAND)」と契約したバスケットボール選手の八村塁などが選ばれた。

 9月12日には日本初となる授賞式を含むMeet-upイベントが、六本木のMercedes me Tokyoで開催される。トークセッションやパフォーマンスを予定しており、一般からは事前申込者の中から30人を招待するという。イベント申し込みは特設サイトで受け付けており、期間は8月31日23時59分まで。

■30 UNDER 30 JAPAN 2019:特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング