Image by: ©Tokyo 2020

Sports

N.ハリ尾花大輔が監修した「東京パラリンピック」聖火リレーのユニフォーム発表、メダルデザインも公開

Image by ©Tokyo 2020
Image by: ©Tokyo 2020

 東京2020組織委員会は、パラリンピック聖火リレーの聖火ランナーユニフォームとメダルデザインを発表した。聖火リレー聖火ランナーユニフォームは「N.ハリウッド(N.HOOLYWOOD)」を手掛ける尾花大輔がデザイン監修を務めた。

— ADの後に記事が続きます —

 聖火ランナーユニフォームは、パラリンピック聖火リレーのコンセプト「あなたは、きっと、誰かの光だ。(Share Your Light)」のコンセプトに基づき、人と社会が繋がることで生まれる"調和の光"を市松模様で表現。尾花は「今回のデザインに込めた思いは、デザインコンセプトにもあるとおり、途切れることなく繋がっていくことから縁起の良い柄とされてきた市松模様によって、日本全国から集められる聖火が繋がっていく様や、『3人1組のランナー』で集結していく想いや熱意を表現することです。このユニフォームを着たランナーの想いや熱意で、いよいよパラリンピックが開催されるという機運が全国で、そして世界中で高まっていくことを願っています」とコメントしている。

 パラリンピックメダルは、博報堂プロダクツのデザイナー松本早紀子がデザインを担当。「人々の心を束ね、世界に新たな風を吹き込む」という思いを込めて、金、銀、銅メダル共通のモチーフに扇を採用し、扇を束ねる要部分はアスリート自身を、扇面には岩や花、木、葉、水といった自然のモチーフをあしらい、扇面の高低差や自然風景の描写にはそれぞれ異なる加工を取り入れた。また、メダルの違いが触れて分かるよう、金メダルには1つ、銀メダルには2つ、銅メダルには3つの円形のくぼみをメダル側面に施した。くぼみ加工は、大会史上初めての仕様となる。メダル本体重量はそれぞれ金が約526g、銀が約520g、銅が約430g。

 メダルリボンでは東京2020大会を象徴する紅に加えて桜を使用し、日本らしい組市松紋を用いたデザインで祝祭感とともに多様性と調和を表現。また、視覚に障がいを持つ選手が手で触れることで順位がわかるように、裏側にシリコンプリントで金メダルには1つ、銀メダルには2つ、銅メダルには3つの凸の加工を施した。藍色の木製メダルケースには国産のタモ材を使用し、日本の高度な木工技術と職人の手で一つずつ仕上げた。円形のフタと本体は磁石によって繋がるため、輪のように開いてそのままメダルをディスプレイすることができるという。

 なお、パラリンピックメダルは8月29日から9月2日まで、東京都庁第一本庁舎 2 階北側 オリンピック・パラリンピックフラッグ展示コーナーで展示される予定。

■東京2020パラリンピッククレジット詳細
聖火リレー聖火ランナーユニフォーム デザイン監修:尾花大輔
メダルデザイナー:松本早紀子(博報堂プロダクツプレミアム事業本部プロダクトデザイン部プロダクトデザインチーム デザイナー)
メダルリボンデザイン:東京2020組織委員会、製造:丸信テルタック株式会社
メダルケース製造:株式会社山上木工 吉田真也(SHINYA YOSHIDA DESIGN)

■東京2020パラリンピックメダルの展示
日時:2019年8月29日(木)~9月2日(月)9:30~18:00
場所:東京都庁第一本庁舎2階北側 オリンピック・パラリンピックフラッグ展示コーナー

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング