Dinalog
Image by: 吉田ユニ

Art

吉田ユニ5年ぶりの個展「Dinalog」がラフォーレミュージアム原宿で開催、新作グラフィックやラフスケッチを公開

Dinalog
Image by: 吉田ユニ

 アートディレクターの吉田ユニが、5年ぶりの個展「Dinalog」をラフォーレミュージアム原宿で開催する。入場無料で、会期は11月15日から12月1日まで。

 吉田ユニは、星野源やCHARA、AKB48らのCDジャケットを手掛けるアートディレクターで、キリン(KIRIN)や「ローリーズファーム(LOWRYS FARM)」「Mercedes-Benz Fashion Week TOKYO」といった企業およびブランドのヴィジュアルを担当するなど、幅広いジャンルで活動している。ファッション誌「装苑」では、女優やタレントとコラボレーションしてアートワークを制作する「PLAY A SENSATION」を連載している。

 今回の展覧会は、2014年の「吉田ユニ展 "IMAGINATOMY" (イマジナトミー)」に続きラフォーレミュージアムでは2度目、大型個展は5年ぶりの開催となる。会場では新作グラフィックや創作過程がわかるラフスケッチなどを展示。会期中はトークイベントの開催や、同展を記念した作品集の販売も予定している。

■Dinalog
会期:2019年11月15日(金)~12月1日(日)
時間:11:00~21:00(入場は閉館30分前まで)
会 場:ラフォーレミュージアム原宿
入場料:無料
問合先:03-3475-0411(ラフォーレ原宿代表番号)

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング