エコ・ロジック・スタジオ 《H.O.R.T.U.S. XL アスタキサンチン g》 2019年 © NAARO

Art

最先端テクノロジーに着想した作品を集めた「未来と芸術展」が森美術館で開催、バイオ技術で再現したゴッホの左耳も

エコ・ロジック・スタジオ 《H.O.R.T.U.S. XL アスタキサンチン g》 2019年 © NAARO

 森美術館で、展覧会「未来と芸術展:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか」が開催される。会期は11月19日から2020年3月29日まで。

 同展は最先端のテクノロジーを通して変化する近未来の人間像を通して、どのような未来を作るべきなのかを考察するために企画。世界各地の建築家やデザイナー、アーティスト、研究者が問いかける都市のあり方、環境問題、高齢化社会といった人間が直面する事象の問題提起をする作品を展示する。なお、展覧会のタイトルはIBMが開発したAI(人工知能)「IBM Watson」との協働により決定。人工知能によって生成された1万5,000を超える候補から選出したという。

 会場は、最先端の都市計画やアーティストと建築家が描く都市像を写真や映像、模型を通して紹介する「都市の新たな可能性」、3Dプリンターやドローン、ロボット工学などを駆使した工法など、最新の建築の動向を紹介する「ネオ・メタボリズム建築へ」、デザインやプロダクトに着眼した「ライフスタイルとデザインの革新」、身体におけるロボット工学とバイオ技術に焦点を当てた「身体と拡張の倫理」、未来や幸福の定義の再考を促す「変容する社会と人間」の全5つのセクションで構成。AIやバイオ技術、ロボット工学、AR(拡張現実)などの最先端テクノロジーに着想した全100点を超えるプロジェクトや作品を紹介する。

 このほか会場には、バイオ技術を使用するアーティストたちの作品を集めた「バイオ・アトリエ」を設置。ゴッホが自分で切り落としたとされる左耳を現代のバイオ技術で再現した作品などを展示する。

■未来と芸術点:AI、ロボット、都市、生命―人は明日どう生きるのか
会期:2019年11月19日(火)〜2020年3月29日(日)
会場:森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
開館時間:10:00〜22:00(火曜日のみ17:00まで)※11月19日(火)、12月31日(火)、2月11日(火・祝)は22:00まで
入館料:一般 1,800円、学生(高校・大学生) 1,200円、子ども(4歳〜中学生) 600円、シニア(65歳以上) 1,500円
問い合わせ:03-5777-8600
公式サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング