ZOZO(2018年7月撮影)
ZOZO(2018年7月撮影)
Image by: FASHIONSNAP

Business

ZOZOユーズドが解散、ZOZOとZOZOテクノロジーズに分割吸収へ

ZOZO(2018年7月撮影) Image by FASHIONSNAP
ZOZO(2018年7月撮影)
Image by: FASHIONSNAP

 ゾゾ(ZOZO)が、ブランド古着のファッションモール「ゾゾユーズド(ZOZOUSED)」を吸収合併すると発表した。これにより完全子会社ゾゾユーズドは解散となる。

— ADの後に記事が続きます —

 ゾゾユーズドはもともとサイバーエージェントの子会社として2005年に設立されたクラウンジュエル(CROWN JEWEL)が母体。2011年にゾゾが買収したことで、ゾゾグループの連結子会社として運営されていた。ゾゾユーズドのサービス自体は2012年11月に開始し、現在までに8,000以上のブランド、常時60万点以上を取り扱っている。社名は2018年10月1日にクラウンジュエルから現在のゾゾユーズドに変更している。

 ゾゾユーズドの吸収合併は、システム開発能力の強化および、一次・二次流通のシームレスなサイクルの構築を目指すグループ再編によるものだという。ゾゾユーズドのシステム部門は同グループ傘下のZOZOテクノロジーズに吸収分割し、事業運営の機能は吸収合併存続会社となるZOZOに集約する。効力発生日は11月1日。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング