新施設のイメージ
Image by: NIKE

World News

「ナイキ」NBAのスター選手レブロン・ジェームズにちなんだ施設を米本社に建設へ

新施設のイメージ
Image by: NIKE

 「ナイキ(NIKE)」が、バスケットボール選手のレブロン・ジェームズ(LeBron James)の名前を冠した新施設をアメリカ・オレゴン州ポートランドに構える本社「ナイキ ワールド キャンパス」に建設することを発表した。

 新しい施設の建設は2016年に発表された本社拡張計画の一環で、広大な本社敷地内の北側に位置する。イノベーションチームの拠点となり、従来の5倍の広さの最先端のスポーツリサーチラボが併設されるという。そのほか、バスケットコートや200メートルトラック、100メートルの直線トラックや人工芝のトレーニングフィールドなどが施設内に設備される。

 レブロン・ジェームズは、2003年にドラフト1位でNBAでのキャリアをスタートして以来ナイキの契約選手であり、3度のNBAチャンピョンおよび4度のシーズンMVPに輝くなど、これまでに数々の功績を残してきた。施設はすでに発表されているセリーナ・ウィリアムズ(Serena Williams)の名前が冠された施設と共に2020年に完成予定。なお、本社にはそのほかにもタイガー・ウッズ(Tiger Woods)やマイケル・ジョンソン(Michael Johnson)などスター選手にちなんだ施設がある。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング