(左から)マーク・パーカー氏、ジョン・ドナホー氏
Image by: NIKE

Business

「ナイキ」マーク・パーカーがCEO退任、トップ交代は約14年ぶり

(左から)マーク・パーカー氏、ジョン・ドナホー氏
Image by: NIKE

 ナイキ(NIKE)が、マーク・パーカー(Mark Parker)が2020年1月13日をもってCEOを退任すると発表した。ペイパル(PayPal)会長兼サービスナウ(ServiceNow)CEOのジョン・ドナホー(John Donahoe)が後任を務める。CEOの交代は2006年以来、約14年ぶり。マークは会長職に専念する。

— ADの後に記事が続きます —

 マークはシューズデザイナーからCEOへと上り詰めた異色の経歴を持つ。2016年にはナイキの創業者で会長のフィル・ナイト(Phil Knight)から会長の座を引き継ぎ、現在までCEOと兼任してきた。

 ジョンはイーベイ(eBay)CEOなどを歴任。2014年からナイキの社外取締役に就任した。ナイキでは同氏のCEO就任後、デジタル分野の強化を図ると見られる。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング