イメージパース

Beauty

「キールズ」日本初の旗艦店が渋谷スペイン坂にオープン、保湿クリームのラベルカスタマイズも

イメージパース

 ニューヨーク発のコスメブランド「キールズ(Kiehl's)」が11月20日、日本初の旗艦店「キールズ TOKYO フラッグシップストア」を渋谷に出店する。

— ADの後に記事が続きます —

 出店先は、エイベックスとマークスタイラーによる期間限定のアンテナショップ「リレクト バイ ランウェイ チャンネル ラボ(RELECT by RUNWAY channel Lab.)」が入居していたスペイン坂沿いにあるSR6ビルで、売場総面積は1階と2階の2フロア合計で約137平方メートル。黒を基調としたレンガ造りの外観で、カラフルなイラストやグラフィックで大きなガラス張りのウィンドウを彩る。

 1階にはカウンセリングを行うためのサービススペースを設置。2階では、人気の保湿クリーム「キールズ クリーム UFC」のラベルやトートバッグのデザインが楽しめる「カスタマイズ ユア キールズ(Customize Your Kiehl's)」と、カレンデュラトナーのラベルに特設サイトで診断した"地球へのやさしさ度"や名前などをプリントしてカスタマイズできる「わたし成分ラベル」といった限定コンテンツを展開する。

 オープンを記念し、インドや中国でハーブとして使用されている保湿成分「センテラエキス」により肌のバリア機能を高めるクレンザー「キールズ DS クレンザー CN」(250ml、3,800円)とクリーム「キールズ DS クリーム CN」(50ml、4,800円)、整肌成分のメリッサ花やタチジャユウソウ花などを配合し、レモンやハーブで香り付けした洗い流し不要のクレンジングウォーター「キールズ ハーバル クレンジングウォーター」(250ml、3,200円/すべて税別)といった日本未発売の3製品を取り扱う。

 また、キールズのオリジナル雑貨「Made by Kiehl's」を日本で初めて展開。Tシャツやトートバッグ、マグカップ、ポストカードなどの全ての商品を東京限定デザインで揃える。

■キールズ TOKYO フラッグシップストア
開店日:2019年11月20日(水)
営業時間:10:00〜21:00
住所:東京都渋谷区宇田川町16-15 SR6

※「キールズ クリーム UFC」「カレンデュラトナー」のオリジナルラベルは各商品の購入者が対象
※「トートバッグ カスタマイズ プリント」は税別2万円以上購入した人が対象

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング