Lifestyle

アート、ファッション、ベアブリックが1つの空間に 新生渋谷パルコにスタジオ「2G」がオープン

空山基が制作したロゴ
空山基が制作したロゴ

 11月22日に開業する「渋谷パルコ(PARCO)」に、NANZUKAのギャラリー、小木"Poggy"基史とデイトナ・インターナショナルによるセレクトショップ、メディコム・トイ(MEDICOM TOY)のアートトイを集結させたスタジオ「ツージー(2G)」がオープンする。

— ADの後に記事が続きます —

 NANZUKAが運営するギャラリーではおよそ2ヶ月毎に作品を入れ替え、アーティストの個展を企画していくという。オープンを記念した第1弾アーティストにダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)と空山基を迎え、新作を発表するコラボレーション展「Arsham x Sorayama」を2020年1月8日まで開催。空山によるペインティング作品1点と、2人が共作した彫刻作品2点の展示を予定している。

 セレクトショップは小木がディレクションし、アパレルを中心にアートギャラリーの展覧会と連動した限定別注商品も販売。オープン時はコラボ展のメインヴィジュアルをプリントした「アルファ インダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)」とのコラボMA-1(7万5,000円)のほか、フーディー(2万3,000円)とTシャツ2種(1万円、1万3,000円)をラインナップする。

 メディコム・トイによるアートトイショップでは限定ベアブリックを取り扱い、アートギャラリーと連動したアーティストコラボラインも展開。第1弾企画に合わせた「SORAYAMA x Daniel Arsham」は100%と400%のセット(2万円)と1,000%のモデル(8万8,000円)を発売する予定だ。

 ツージーという名称はパルコの創業者 増田通二氏を讃えており、4Gや5Gというデジタルの時代にアナログなもの作りの良さを表現する場として運営していくという。ロゴは空山がデザインを担当し、店頭ではブランドロゴをあしらったオリジナルグッズも販売する。内装デザインにはニューヨークを拠点に活動し、「キス(KITH)」や「ビリオネア・ボーイズ・クラブ(BILLIONAIRE BOYS CLUB)」のフラッグシップストア、ミラノの「ヴァレクストラ(Valextra)」などを手掛けたスナーキテクチャー(Snarkitecture)を起用した。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング