メインヴィジュアル
Image by: ナイキ

Business

ナイキが北極海航路不使用を宣言、H&MグループやPVHも署名

メインヴィジュアル
Image by: ナイキ

 「ナイキ(NIKE)」が、米国のNGO団体オーシャン コンサーバンシー(Ocean Conservancy)とともに「アークティック シッピング コーポレイト プレッジ」を策定し、北極海航路不使用を宣言した。

— ADの後に記事が続きます —

 北極海では近年、気象変動が原因で気温が他の地域と比べて2倍の速さで上昇し、解氷が進行している。海の面積が拡大し船で通れる場所が増えたことで、これまで航行できなかった海路を使った貨物船航行の実現に期待が高まっているが、北極海における海運の増加は海洋環境に大きな影響を与えるのではないかと懸念する声も上がっている。

 ナイキは北極海航路を使用しないという声明を発表することで、北極海を保護するという立場を示した。同社は賛同企業を募っており、コロンビア(Columbia)、ギャップ・インク(Gap Inc.)、H&Mグループ、PVH Corp.のほか、海運業のCMA CGM、長栄海運、ハパックロイド、MSCなどが署名している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング