Culture

北村匠海と芳根京子が東京ミッドタウンのイルミネーションを点灯、約8mのタワーが初登場

「スターライトガーデン 2019」点灯式の様子
Image by: FASHIONSNAP.COM

 東京ミッドタウンで12月25日まで開催中のクリスマスイベント「ミッドタウン・クリスマス 2019」のメインイルミネーション「スターライトガーデン 2019」の点灯式が、11月26日の今日開催された。点灯式には、12月13日公開のアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」に出演する俳優の北村匠海と女優の芳根京子が登壇。2人が点灯ボタンに手をかざすと、宇宙空間を表現した青いイルミネーションが点灯した。

— ADの後に記事が続きます —

 13回目を迎えるミッドタウン クリスマスのメイン会場であるスターライトガーデンでは、約19万球のLEDと約100個の光るバルーンで約2,000平方メートルの芝生広場が彩られ、今年は約8mの立体演出「スペースタワー(Space Tower)」が初登場。このほか昨年に引き続き、2種類のしゃぼん玉が上空を舞う「しゃぼん玉イルミネーション」を11月26日から12月18日までの期間限定で設置し、幻想的な世界観を演出している。 

 点灯式に北村はオールブラックのセットアップ、芳根はブラックとホワイトを基調としたモノトーンスタイルのコーディネートで登壇した。2人が点灯ボタンを押すとブルーのイルミネーションが一面を照らし始め、イルミネーションを見た北村は「幻想的で、夜空に包まれているような感覚。本当に宇宙空間にいるような感覚になります」とコメント。芳根は東京ミッドタウンのイルミネーションを幼馴染と毎年見に来ていることを明かし、「すごく贅沢な場所に立たせて頂き、夢のようです。いつも一緒に来ている幼馴染に自慢しようと思います」と嬉しそうに話した。

ミッドタウン・クリスマス 2019

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング