完成予想図
完成予想図
Image by: 住友不動産

Lifestyle

羽田空港直結の複合施設「羽田エアポートガーデン」が誕生、ラグジュアリーホテルや展望天然温泉がオープン

完成予想図
完成予想図
Image by: 住友不動産

 住友不動産および羽田エアポート都市開発が、羽田空港国際線ターミナル直結の複合施設「羽田エアポートガーデン」を羽田空港第2ゾーン地区に開業する。オープン時期は2020年春を予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 「オールインワン・ホテル」をコンセプトに掲げた羽田エアポートガーデンは、エアポートホテルを軸とした敷地面積約4万3,000平方メートルの複合施設として展開。羽田空港の国際線旅客の利便性向上と、国際交流都市としての賑わいの創出を目的とした新たな拠点を目指すという。

「ヴィラフォンテーヌ プレミア 羽田空港」ロビー(イメージ)

 地上12階建ての施設内には、2階から12階に住友不動産が新たに立ち上げた最上級ラグジュアリーホテルブランド「ヴィラフォンテーヌ プレミア」(160室)とハイグレードホテル「ヴィラフォンテーヌ グランド」(1,557室)の2つのホテルが開業。合計1,717室の客室数は、空港敷地内に構えるホテルとしては日本最大規模だという。このほか、12階には富士山や飛行機を望むことができる空港直結の展望天然温泉「泉天空の湯 羽田空港」、1階にはイベントホール・会議室・バンケットを備えた「ベルサール羽田空港」、1階と2階には服飾・雑貨店、レストランなど計90店舗が並ぶ商業施設「ショッピングシティ 羽田空港エアポートガーデン」などが入居する。

 また、羽田空港の既存のバスターミナルに加えて、羽田エアポートガーデン1階には1日約900便が発着するバスターミナルを敷設。首都圏主要駅行きのリムジンバスのほか、日本各地の観光地や都市を結ぶバスルートを確保する予定だ。

■羽田エアポートガーデン
開業時期:2020年春
所在地:東京都大田区羽田空港2丁目
アクセス:京急線「羽田空港国際線ターミナル」駅直結徒歩1分、東京モノレール「羽田空港国際線ビル」駅直結徒歩1分
敷地面積:約4万3,000平方メートル
延床面積:約9万1,500平方メートル
階数:地上12階

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング