内覧会に登場したスヌーピー
Video by: FASHIONSNAP.COM

Art

スヌーピーミュージアムが南町田に移転オープン、全長8mの巨大スヌーピーの展示も

(左から)ペイジ・ブラドック、ジーン・シュルツ、カレン・ジョンソン、中山三善 Image by FASHIONSNAP.COM
(左から)ペイジ・ブラドック、ジーン・シュルツ、カレン・ジョンソン、中山三善
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ソニー・クリエイティブプロダクツが手掛ける南町田の「スヌーピーミュージアム」が、12月14日にオープンする。12月12日の今日、報道関係者向けに内部が公開された。

 スヌーピーミュージアムは、原作「ピーナッツ(PEANUTS)」とスヌーピーの魅力を原画や資料を通じて紹介するカリフォルニアの「チャールズ M. シュルツ美術館」公式サテライトとして、2016年4月に2年半の期間限定で六本木にオープン。全5回の企画展を開催し、累計約130万人を動員した。期間終了後は六本木に代わる新たな場所を探し、館長の中山三善氏がいくつかの候補地の中から、緑豊かな大きな公園と賑やかなショッピングモールに挟まれた立地、最寄り駅からのアクセスの良さ、そして六本木の施設より約2倍の広さを確保できることなどから、11月に開業した再開発エリア「南町田グランベリーパーク」内の「パークライフ・サイト」を移転先に選んだという。

スヌーピーミュージアム外観

 新生スヌーピーミュージアムの延床面積は約2,600平方メートルで、地下1階、地上3階で構成される。展示は企画展と常設展の2種類で、常設展では巨大なマルチスクリーンを使用した「オープニングシアター」、作者のチャールズ M. シュルツの生涯や作画のテクニックを紹介する「チャールズ・シュルツ・ルーム」、複製原画やヴィンテージグッズ、映像を通してスヌーピーとピーナッツ・ギャングの定番エピソードやトリビアが楽しめる「ピーナッツ・ルーム」、大きな白い部屋で全長8mの巨大スヌーピーをはじめとするユニークなスヌーピー全6種を設置した「スヌーピー・ルーム」を公開する。

全長8mのスヌーピーが横たわる「スヌーピー・ルーム」

 企画展は、シュルツ美術館が所蔵するコレクションの中から展示品を半年ごとに入れ替えていくという。初回は「ビーグル・スカウトがやってきた!」をテーマに、ビーグル・スカウト誕生のエピソードやマシュマロの焼き方、テントでの生活、厳しい自然の中での心得やリーダーの憂鬱といったストーリーの原画を展示する。

企画展「ビーグル・スカウトがやってきた!」の様子

 ミュージアムショップ「ブラウンズストア(BROWN'S STORE)」ではオープン記念し、赤いパーカを着用したスヌーピーとウッドストックのぬいぐるみ(4,000円〜5,000円)をはじめ、コラボグッズとしてスウェーデンのアウトドアブランド「フェールラーベン(FJALLRAVEN)」のアイコンバッグ「カンケン(Kanken)」(各1万4,000〜1万6,000円)や、ドイツの老舗魔法瓶メーカー「ヘリオス」の魔法瓶(各3,000円)、森永のミルクキャラメル(650円)とミルクココア(1,300円/すべて税別)などを販売する。

オープン記念グッズのぬいぐるみ(スヌーピー5,000円、ウッドストック4,000円/すべて税別)

 1階には常設のワークショップルームを設置。キャンドルやぬいぐるみ、和菓子づくりといった様々なプログラムを楽しむことができる。各回チケット制で定員15人。

 プレス向け内覧会で挨拶した中山氏は、「面積は2倍だが、楽しさは3倍。カルフォルニア州のサンタローザのようにゆったりとした時間が流れるミュージアムにしたい」とコメント。内覧会には、来日したシュルツ美術館理事長のジーン・シュルツ、「チャールズ・シュルツ・クリエイティブ・アソシエイツ」のクリエイティブディレクターを務めるペイジ・ブラドック、シュルツ美術館館長カレン・ジョンソンのほか、スヌーピーも出席した。ジーンは「最初の展示品が『オープニングシアター』のアニメーションなので、ミュージアムに入ってからすぐにピーナッツの世界観に浸ることができる。オープンははじめの一歩に過ぎないので、今後の展開を楽しみにしていただきたい」と来館を呼びかけた。

スヌーピーミュージアム企画展「ビーグル・スカウトがやってきた!」
会期:2019年12月14日(土)〜2020年6月28日(日)
場所:南町田グランベリーパーク「パークライフ・サイト」エリア
住所:東京都町田市鶴間3-1-1
休館日:会期中無休(12月31日は短縮営業、1月1日は休館)
時間:10:00~20:00 入場は19:30まで
入館時間:10:00~、12:00~、14:00~、16:00~、18:00~(滞在時間制限なし)
入館料:当日 一般・大学生 2,000円、中学・高校生 1,000円、4歳~小学生 600円、前売券 一般・大学生 1,800円、中学・高校生 800円、4歳~小学生 400円
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング