Lifestyle

博報堂が未来創造のためのプラットフォーム開設、社会の課題解決に貢献

「ユニバーシティ・オブ・クリエイティビティ」イメージ画像 Image by 博報堂
「ユニバーシティ・オブ・クリエイティビティ」イメージ画像
Image by: 博報堂

 博報堂が、様々な人や企業とともに、社会的な課題の解決に向けてクリエイティビティについて研究するソーシャルラーニングプラットフォーム「ユニバーシティ・オブ・クリエイティビティ(UNIVERSITY of CREATIVITY)」(以下、UoC)を2020年春に開設すると発表した。場所は同社の本社が入居する赤坂Bizタワー23階に展開する。

— ADの後に記事が続きます —

 博報堂は、人工知能やビッグデータ、スマートフォンの普及による社会のデジタル化、機械化が加速する現代だからこそ「人類が持つクリエイティビティの意義と可能性」を捉え直す必要があると分析。クリエイティビティを「未来創造の技術」と捉え、広告業界を超えて社会全体に活用していくためにUoCの開設を決めたといい、包括的に議論と研究を進めることで社会の課題解決に役立てるという。

 UoCは学生や社会人などの垣根を超えて、様々な人が参加可能。国籍や職業、年齢、ジェンダーを制限せずに参加者と新世代のクリエイティビティについて共有する「対話セッション」、学術研究者や企業の研究開発担当者、テクノロジスト、デザイナーたちが議論を重ねながら社会と経済の成長のためのクリエイティビティを探究する「基礎研究・応用研究」、産業界や学校、官公庁、民間の連携により新しい文化経済圏の創出と仕組みづくりに取り組む「社会実験プロジェクト」などのプログラムを用意する予定だ。一部の有料プログラムを除き参加費用は無料。詳しい参加方法は今後公式サイトで発表される。

 開設に先駆けて、各プログラムの詳細設計や基礎研究、研究員の社内公募などを順次開始する。

■ユニバーシティ・オブ・クリエイティビティ:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング