ロゴ画像
ロゴ画像
Image by: 大阪市提供

Culture

安藤忠雄が設計した子ども向け図書館「こども本の森 中之島」が3月に開館

ロゴ画像
ロゴ画像
Image by: 大阪市提供

 子ども向け図書館「こども本の森 中之島」が2020年3月1日、大阪市中之島公園内に開館する。施設は建築家の安藤忠雄が設計し、大阪市に寄付される予定。TRC&長谷工meetBACHが運営を手掛ける。

— ADの後に記事が続きます —

 こども本の森の延床面積は約800平方メートル。3階建てで、壁一面を本棚として活用する。編集型本棚の配架はブックディレクター幅允孝が担当し、子どもの好奇心を刺激するラインナップと配置に注力するという。本は中之島公園内に持ち出すことが可能。貸出対象者は乳幼児から中学生までと保護者だが、入場は年齢を問わず無料とする。

 このほか、こども本の森に縁のある著者の本を定期的に紹介するスペース「あの人の本棚」を館内に設置。オープン時は施設の名誉館長である山中伸弥の本を並べる。

■こども本の森 中之島
開業日:2020年3月1日(日)
住所:大阪市北区中之島1丁目1-28(中之島公園内)
延床面積:約800平方メートル
開館時間:9:30〜17:00
休館日:月曜(月曜祝日の場合は開館し、翌平日は休館)
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング