「MIYASHITA PARK」全体俯瞰図
「MIYASHITA PARK」全体俯瞰図
Image by: 渋谷区、三井不動産

Lifestyle

宮下公園が「MIYASHITA PARK」として6月にオープン、スケート場やボルダリングウォール復活

「MIYASHITA PARK」全体俯瞰図
「MIYASHITA PARK」全体俯瞰図
Image by: 渋谷区、三井不動産

 渋谷区と三井不動産が共同で再開発を進めている新宮下公園周辺の街区名称が、「MIYASHITA PARK」に決定した。今年4月に竣工し、6月にグランドオープンを予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 両者のパートナーシップの下で推進している再開発は、JR渋谷駅からJR原宿駅までの山手線線路沿い約330mのエリアで実施。官民が一体となって公園を立体的に整備するための制度「立体都市公園制度」を渋谷区内で初めて活用した事業で、公園機能のほか駐車場や商業施設、宿泊施設を融合させ、周辺エリアの回遊性向上やコミュニティ形成の促進を目指している。また、耐震性能を旧宮下公園から改善し、災害発生時に周辺地域滞在者をはじめとした帰宅困難者の一時退避場所としても機能させるという。敷地面積は約1万740平方メートルで、延床面積は約4万6,000平方メートル。

 MIYASHITA PARKは南街区と北街区に建物をそれぞれ建設し、南街区の屋上と北街区の中層階屋上を公園として連結させる。南街区の建物は地上3階建て(屋上を含まない)で、1階から3階に商業施設が入居し、2階の一部を駐輪場として活用する。屋上の公園では旧宮下公園で人気のスポットだったスケート場やボルダリングウォールが復活し、様々なスポーツを楽しむことができる多目的運動施設を新設する予定だ。

 北街区の建物は18階建てで、1階から3階までを商業施設として利用し、地下に駐車場を完備。南街区から繋がる公園は中層階屋上に展開し、4階から18階までは計15フロア構成のホテルを設計する。ホテルの客室数は240室を予定。公園では、イベント活用を目的とした約1,000平方メートルの芝生広場を整備するほか、カフェを併設する予定だという。

■MIYASHITA PARK
開業予定:2020年6月予定(4月竣工予定)
所在地:南街区 東京都渋谷区渋谷1-26、北街区 東京都渋谷区神宮前6-20
商業棟:南街区 1階〜3階(屋上を含まない)1万5,992平方メートル※駐輪場2階(1,404平方メートル含む)、北街区 1階〜3階 1万649平方メートル(※地下駐車場階除く)、ホテル棟 4階〜18階(240室)
敷地面積:約1万740平方メートル
延床面積:約4万6,000平方メートル

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング