「フラワーズ バイ ネイキッド 2020 桜」内部
「フラワーズ バイ ネイキッド 2020 桜」内部
Image by: FASHIONSNAP.COM

Art

「ネイキッド」五感で体験するお花見デジタルアート展、今年はレスリー・キーと初コラボ

「フラワーズ バイ ネイキッド 2020 桜」内部
「フラワーズ バイ ネイキッド 2020 桜」内部
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ネイキッド(NAKED)による花の体験型アート展「フラワーズ バイ ネイキッド(FLOWERS by NAKED)2020 桜」が、1月30日から3月1日までCOREDO室町1の日本橋三井ホールで開催される。1月29日の今日、報道関係者向けに内部が公開された。

— ADの後に記事が続きます —

 「フラワーズ バイ ネイキッド」は、これまでに通算50万人以上を動員し、世界遺産である京都・二条城や香港でも開催されてきた。日本橋での開催は今年で5度目となり、これまでの人気作品をアップデートした様々な体験型アートを公開する。

 桜をフィーチャーした今回は、「都会の中で出会う、秘密のガーデン」をコンセプトに、少女の成長を花の開花と重ねて9つのデジタルアート空間で表現。いけばな草月流家元 勅使河原茜とのコラボアートや、壁に映る妖精のシルエットに鑑賞者の動きが投影される体験型デジタルアート、全方位に回転する鏡を設置してデジタルアートを映し出す万華鏡のような作品が揃い、一部コンテンツではオリジナルのアロマが香るなど五感で楽しむことができる。

 今年は、シンガポール出身の写真家レスリー・キーと初めてコラボレーションし、写真を題材にしたアート作品を展示。レスリーが撮り下ろした作品は女性の成長に伴う「喜怒哀楽」を表現したといい、モデルに起用したダンサーのAoi Yamadaは「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」の2020年春夏コレクションを着用した。

 最も広い「OUSAI Garden」エリアでは、AIがその場にいる来場者の性別や年齢を識別し、600種類の音楽から選曲する「HUMANOID DJ」の音楽とともにダンサーが30分ごとにパフォーマンスを行うなど、様々なインタラクションを展開する。また、桜の木のオブジェに実るように吊り下げられたスイーツ入りのカプセルを収穫できる花摘み体験や、昨年も人気を博した花みくじ、今年初めての試みとなるフラワーモチーフのアクセサリーショップのほか、「ジョウタロウ サイトウ(JOTARO SAITO)」とコラボしたアイスキャンディーや、アート作品をイメージしたオリジナルカクテルを提供するバーも登場。バーではアルコールドリンク2種類とノンアルコール4種類をラインナップし、エリア中央のテーブルにグラスを置くと花が咲く映像が映し出される。

 このほか、スキンケアブランド「キールズ(Kiehl's)」とコラボし、実験室をイメージしたインスタレーション作品を展示。シャーレを開くとキールズの製品の材料となる花が、映像とともに匂い立つ。

 内覧会には、ネイキッドの村松亮太郎代表とモデルの紗栄子が和服姿で登壇。スタイリングはマドモアゼル・ユリアが担当した。紗栄子は「"日本一早いお花見"ということで、桜色と桜の絵柄が入ったお着物で花を添えさせていただきました」とコメント。村松代表は、桜という日本人らしいテーマを五感で感じ取ってもらえるイベントに仕上げたといい、私物であるジョウタロウ サイトウの和服に身を包んで「お客様も着物でぜひイベントを楽しんでもらいたい」と語った。トークセッションではくまモンも登場し、会場を盛り上げた。

■FLOWERS by NAKED 2020 桜
場所:日本橋三井ホール COREDO 室町15階(エントランス4階)
会期:2020年1月30日(木)〜2020年3月1日(日)
時間:10:00〜20:00 ※入場は閉場の30分前まで ※会期中無休
入場料:
<前売券>
大人 (平日)1,600円/大人(土日祝)2,000円/小人(小・中学生)1,000円
<当日券>
大人(平日)1,800円/大人(土日祝)2,200円/小人(小・中学生)1,200円
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング