メインヴィジュアル
メインヴィジュアル

Sports

「アディダス」ブラック×ホワイトのランニングシューズシリーズ発売、エントリーランナー向け新モデルも

メインヴィジュアル
メインヴィジュアル

 アディダス ジャパンが、フルマラソン完走を目指す様々なランナーレベルに向けた「トウキョウ レース パック(TOKYO RACE PACK)」を2月15日に日本限定で発売する。

— ADの後に記事が続きます —

 トウキョウ レース パックは、エントリーランナー向けの新モデル「SL20」(1万2,000円)、自己ベストを狙うランナー向けの「Adizero Japan 5」、スピードランナー向けのレーシングモデル「Adizero Takumi Sen 6」の3モデルをラインナップ。モーデザイン(mo'design)代表のアートディレクター溝口基樹とコラボレーションし、いずれも「UNITY AND EQUALITY(団結と平等)」をテーマに、ブラックとホワイトのみで構成されたアイコニックなグラフィックや「すべてのランナーに」というメッセージを象徴した「DEMOCRATIZE」という文字を配すなど、ストリートとスポーツエレメントを掛け合わせたデザインに仕上げた。

 新モデル「SL20」は、横方向と直線方向の動きをサポートするシームレス構造のメッシュをアッパーに採用。ミッドソールは一般的なEVAよりも40%軽量でありながら、衝撃吸収性と推進力に優れたBOUNCEフォーム(EVA)と同等の反発力を保ち、安定性が高く、着地時の横ブレも少ないという。アウトソールには自動車やレース用の自転車に採用されているコンチネンタル(Continental)社製のラバーアウトソールを使用。様々なコンディション下でも高いグリップ力を発揮し、スリップによるエネルギーロスを軽減する。

 「Adizero Japan 5」(1万4,000円)と「Adizero Takumi Sen 6」(1万6,000円/いずれも税別)は、シューズクリエイターの大森敏明氏の監修のもと、日本人ランナーのために開発された「アディゼロ(ADIZERO)」から展開。フルマラソンを3時間〜5時間以内に完走するランナーに向けたAdizero Japan 5はブースト(BOOST)フォームの高い反発力を備えたクッショニングで足をサポートし、2時間半〜4時間以内に完走するランナー向けと位置付けるAdizero Takumi Sen 6はブーストフォームをエリートランナーの走りに合わせて小指の付け根から前足部にのみ搭載した。

■TOKYO RACE PACK サイズ展開
SL20:22.0cm〜31.0cm
Adizero Japan 5:24.5cm〜31.0cm
Adizero Takumi Sen 6:22.0cm〜31.0cm

■取り扱い店舗
アディダス オンラインショップ、アディダス ブランドコアストア各店、SteP Sports各店、スポーツデポ、アルペン、スポーツオーソリティ、スーパースポーツゼビオ、ヒマラヤスポーツ、その他 全国のアディダスランニング取扱い店舗

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング