Business

ラオックスが希望退職者募集、新型肺炎流行で中国観光客依存の事業体制見直しへ

ラオックスが出店している「イグジットメルサ」外観
ラオックスが出店している「イグジットメルサ」外観
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ラオックスグループが、2月14日の今日開催した取締役会において、希望退職者の募集を行うことを決定した。募集人数はラオックスが約140人、子会社のシャディは約20人で、退職日は3月31日。

— ADの後に記事が続きます —

 今回の募集の背景についてラオックスグループは、中国での新型コロナウイルスの発生と拡大により、インバウンド事業の主要顧客である中国からの訪日旅行客数が減少していることで業績への悪影響を懸念。中国からの訪日観光客に依存する体制からの転換が必要と判断し、新たな事業体制の構築に向けた組織・人員の見直しを図るという。

 また、カタログギフト販売を手掛けるシャディにおいては、昨年から取り組んでいる構造改革の一環として、物流拠点の統廃合や組織改変、人件費を含めた固定費削減など各種見直しを進めている。

 募集の対象者は、ラオックスが販売専門職の正社員と契約社員、販売専門職以外で在籍する40歳以上かつ勤続2年以上の正社員および契約社員、シャディでは在籍する50歳以上かつ勤続10年以上の正社員および契約社員。2月17日から3月6日まで希望者を募る。今回の募集に伴い発生する特別退職金および退職に関連する費用は、2020年12月期連結決算にて特別損失として計上する予定だという。

 なお、同グループが同日に発表した2019年12月期の連結業績は、売上高が1,295億2,000万円(前年同期比9.8%増)、営業損失は31億300万円(前期は9億4,300万円の損失)、経常損失は36億8,400万円(同13億4,100万円の損失)、親会社株主に帰属する当期純損失は78億7,200万円(同10億7,700万円の損失)となり、インバウンド事業の不振などにより特別損失を計上したことから期初予想から赤字幅が膨らんだ。今回の業績を受けて、代表取締役社長執行役員および取締役執行役員の役員報酬の減額を決定した。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング