イマーシブミュージアム(Immersive Museum)
イマーシブミュージアム(Immersive Museum)
Image by: (c) Bridgeman Images /amanaimages

Art

モネやルノワールの世界に入り込める究極の没入アート体験「イマーシブミュージアム」が寺田倉庫で開催

イマーシブミュージアム(Immersive Museum)
イマーシブミュージアム(Immersive Museum)
Image by: (c) Bridgeman Images /amanaimages

 世界的に著名な芸術作品を最新のテクノロジーで蘇らせる没入体験型ミュージアム「イマーシブミュージアム(Immersive Museum)」が、寺田倉庫で開催される。会期は4月17日から8月12日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 イマーシブミュージアムでは、演劇やアート、エンターテインメントで近年のトレンドになっている「没入感(Immersive)」をキーワードに、世界的に著名な芸術作品を映像コンテンツ化し、高さ5.5メートル、約1400平方メートルの広大な空間の壁面と床面全てに投影。鑑賞者は特別な音響効果と映像を組み合わせた空間内を歩き回ることで、名画の世界に入り込んだかのような体験ができる。

 監修は19世紀の西洋絵画研究で知られる早稲田大学文学学術院の坂上桂子教授が手掛け、「印象派(Impressionism)」をテーマに代表的な画家8人と約70作品を選定。世界的に人気の高いモネの「睡蓮」やドガの「踊り子」、ルノワールの「ムーラン ド ラ ギャレットの舞踏会」など印象派の名画の数々を没入映像化し、作品の世界により深く入り込むための独自要素を数多く加えるという。

 会場では作品を8つのテーマ別に分類。最新のCG技術を用いてモネが描いた19世紀当時のフランスのル・アーヴル港を実際の絵画作品と融合させる「印象、日の出」や、制作過程の絵の中に入り込んだような体験ができる「印象派の技法」、同じ風景の異なる瞬間を切り取った作品群を連続的につなげることで時間の移ろいを表現した「モネの連作」などを展覧する。

■イマーシブミュージアム(Immersive Museum)
会期:2020年4月17日(金)~8月12日(水)(会期中無休を予定)
場所:東京都品川区東品川2-6-4 寺田倉庫G1ビル5階
開館時間:10:00~21:00(最終入場は20:00)
料金:大人2,500円(18歳以上)、中人1,500円(中学生、高校生)、小人800円(小学生/いずれも税込)
※小学生未満は入場料無料。
※チケットは2月15日(土)にイープラス、ローソンチケット、チケットぴあで発売
公式サイト
公式Twitter
公式Instagram
公式Facebook

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング