Lifestyle

スターバックスが新型コロナ感染予防でサービス内容変更、持参タンブラーでの提供を一時中止

Image by: FASHIONSNAP.COM

 スターバックス コーヒー ジャパンが3月2日、新型コロナウイルスの感染予防のためオペレーションの一部変更を発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 サービス内容の変更として、店内に持参されたタンブラーでのドリンク提供の一時休止および、イートイン時に提供されるマグカップ、ステンレスフォークナイフの使用を一時休止し、紙カップ、プラスチックに順次切り替える。また、店内でのドリンクやフードのサンプリングを中止するほか、店内に設置しているミルク類のピッチャーやパウダーの一時引き下げ、コーヒーセミナーやイベントなども開催を見送るという。

 なお、同社オフィスではモバイルワークや時差通勤を導入しているほか、2020年度の入社式および新入社員研修の中止が決まっている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング