ジ アーガイル アオヤマ イメージ画像
ジ アーガイル アオヤマ イメージ画像
Image by: 三菱地所

Lifestyle

青山ベルコモンズ跡地に新施設「ジ アーガイル アオヤマ」が7月に開業、ポール・スチュアート旗艦店が移転オープン

Update:

【2020年7月1日続報】ホテルは8月に開業予定。

 三菱地所が、北青山2丁目の青山ベルコモンズ跡地で開発を進めている複合ビル「ジ アーガイル アオヤマ(the ARGYLE aoyama)」の詳細を発表した。オフィス、ホテル、商業施設を揃え、5月末に竣工を予定。7月1日に商業ゾーン、7月中にホテルを開業する。

ジ アーガイル アオヤマ イメージ画像 Image by 三菱地所
ジ アーガイル アオヤマ イメージ画像
Image by: 三菱地所
— ADの後に記事が続きます —

 新施設は地下2階、地上20階建てで、延床面積は約2万3,000平方メートル。地下2フロアは駐車場で、1階と2階に商業ゾーン、3階にイベントスペース、4階にホテルレセプションとレストラン、5階から15階にオフィススペース、16階から18階にホテル、19階と20階にレストランが開業する。

 商業ゾーンには、旗艦店の青山店を2月11日をもって閉店したアメリカの老舗ブランド「ポール・スチュアート(Paul Stuart)」が移転オープン。そのほか、ベーカリーカフェ「ザ シティ ベーカリー(THE CITY BAKERY)」や紅茶専門店「ティーポンド(TEAPOND)」などの飲食店全4店舗が出店する。

 ホテルフロアには、Plan・Do・Seeが運営を手掛けるライフスタイル型ホテル「THE AOYAMAGRAND HOTEL」がオープン。全42室の客室のほか、3階にイベントスペースやレストラン、上階にルーフトップバーを用意する。3月3日からホテル公式サイトで宿泊予約を受け付けている。

 オフィスフロアは1フロア約826平方メートルで、フジパシフィックミュージックや三喜商事などが入居を予定するほか、「WeWork」が運営するコワーキングスペースを4フロアにわたり展開する。

 青山ベルコモンズは1976年に開業し、2014年3月30日に閉館。ファッションビルのはしりとして知られ、「セオリー(Theory)」や「シボネ(CIBONE)」、「ディーン&デルーカ(DEAN & DELUCA)」などが入居していた。

■the ARGYLE aoyama
住所:東京都港区北青山2-14-4
アクセス:東京メトロ銀座線「外苑前」駅徒歩3分
敷地面積:2,264.27平方メートル
建築面積:1,261.25平方メートル
延床面積:23,128.65平方メートル
地域地区:商業地域
主要用途:事務所(5~15階)、ホテル(3・4・16~20階)、店舗(1・2階)、駐車場(地下 1・2階)
階数:地上20階、地下2階

■テナント一覧
TEAPOND(紅茶・茶器販売)
THE CITY BAKERY the ARGYLE aoyama(ベーカリー&カフェ)
Paul Stuart(紳士服・婦人服・Bar)※11月上旬オープン予定
串揚げ 海老虎(串揚げ)※新業態/8月17日(月)オープン
など

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング