ペルミラ公式サイトより
ペルミラ公式サイトより

Business

「ドクターマーチン」が競売に、ライバル企業カーライルが買収最有力候補

ペルミラ公式サイトより
ペルミラ公式サイトより

 「ドクターマーチン(Dr.Martens)」の買収を巡る競売が行われており、買収の最有力候補は米プライベートエクイティ会社カーライル・グループ(The Carlyle Group)だとデイリー・メール(Daily Mail)のオンライン版「Mail Online」が報じた。

— ADの後に記事が続きます —

 ドクターマーチンは昨年、日本の6店舗を含む20店舗を新たに出店し、2018年度(2018年4月1日〜2019年3月31日)の総収益は前年比30%増の4億5,440万ポンド(約640億円)となるなど好調な推移を見せている。

 報道によると、現時点の買収予想価格は約3億ポンド(日本円約410億円)以上が見込まれており、ドクターマーチンの現オーナー企業ペルミラ(Permira)が2013年にブランドを買収した時とほぼ同じ金額だという。昨年12月に買収が噂された際は、最低落札価格は10億ポンド(日本円約1,410億円)と予想されていた。競売にはカーライル・グループのほか、大手薬局チェーンBootsの運営会社を昨年買収した米エクイティ会社KKRが参加しているが、ペルミラを含む3社は現在コメントを控えているという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング