ISUTA

綺麗に見えるマスクの付け方とメイクのポイント

ISUTA

オシャレを発信するニュースサイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

マスクなしでは生活できない...という人が多いこの季節。

また、職業柄マスク着用しなければならない人や、最近ではウィルスの影響もあって外出時にはマスクが手放せませんよね。

そんな時でもメイクがうまくいけば少しはテンションが上がるのが女心。

というわけで今回はマスクの時のメイクのポイントをご紹介します。

美人見せマスク着用法&基本のメイクを伝授

illustration by machi

まずは基本のマスクの着用方法について。

マスクを着ける時は、目の下ギリギリまで伸ばしてしまうと「風邪ひいたのかな?」と思われてしまうことも。

なので、目の下は指1本分あけるのがおすすめです◎

また、プリーツを開ききって顎まで伸ばしてしまうと顔も伸びた印象になるので、顎先にぴったり合わせることで小顔効果が期待できますよ。

\注意POINT/

①目の下は指一本分あける
②マスクはあご先でストップ

そして肝心のメイクは、アイメイクに明るめのカラーをもってくるのがベター。

顔の出ている範囲が狭い分、暗い色で埋めると顔色全体が暗くくすんで見えてしまうんです。なので、透明感のあるアイカラーがおすすめ。

また、顔を立体的に見せるためにノーズシャドウにもぜひ挑戦してみて。

普段は難しくてできないという方も、マスクの時なら眉下からマスクまでの狭いエリアに入れるだけなので、意外と簡単にチャレンジできるはずです!

\マスクメイクのPOINT/

①アイメイクは明るめカラーがベター
②ノースシャドウにぜひ挑戦して!

マスク着用時のメイクHow to

illustration by machi

マスクをしている時は、アイメイクを思いっきり楽しめるチャンス。

目を大きく見せたいという方は、太めアイブローとアイラインでかなりのデカ目効果を狙いましょう。アイシャドウはいつもより控えめにすると◎

カラーメイクを楽しみたい!という方におすすめなのはイエローやオレンジ系。赤系やピンク系はモノによっては目が腫れぼったく見えてしまうので、色選びは慎重におこなってくださいね。

また、「マスクでせっかく買ったばかりのチークが使えない〜!」という方も心配無用♩頬の半分以上が隠れてしまうマスク着用時は、チークをいつもより上に塗るのが正解です。

アイメイクとつながっているかのようなグラデーションにするとおしゃれですよ。

マスクしてたってメイクは楽しめる

illustration by machi

気分が沈みがちなマスクの時も、メイクという強い味方がいます。

少しでも楽しみを増やしてこの季節を乗り切りましょう!

記事のタグ

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング