イケア日本版公式サイトより
イケア日本版公式サイトより

Business

イケアが新型コロナ支援、ベッドや寝具など33億円分を寄贈

イケア日本版公式サイトより
イケア日本版公式サイトより

 「イケア(IKEA)」の親会社Ingkaグループが、新型コロナウイルスの世界的流行を受けて、緊急対応の支援を表明した。

— ADの後に記事が続きます —

 イケアはこれまでも中国やスペイン、スウェーデンの病院に家具やフェイスマスク、手袋を寄付し、インドのハイデラバードでは200台のベッドや寝具、家具を備えた検疫センターの設置をサポートしてきた。

 今回は最初の緊急支援として、30ヶ国のコミュニティに約33億円(2,600万ユーロ)相当の現物寄付を行う。リスクの高いグループとその救済にあたる人々を優先し、病院や医療センター、避難所で使用できるベッドや寝具、食品、おもちゃを寄贈するほか、イケア財団(IKEA Foundation)からは新型コロナウイルス対応プログラムの支援として、現地政府のプランに合わせて既存のパートナーに最大約12億円(1,000万ユーロ)を拠出する。

 オンラインストアや商品受け取りサービス「クリック・アンド・コレクト」は安全に配慮しながら継続する意向。在宅時間が増える背景を踏まえ、顧客のニーズに応えるためイケアストアをフルフィルメントセンターとして活用するほか、商品受け取りドライブスルーや非接触の新しい配送サービスを導入するなどオンラインストアを改善するための迅速な対策を講じている。イケアアプリの運用開始に向けても準備を進めている段階だという。なお、Ingka Centresが運営するショッピングセンターに出店する2,000テナントに対しては、閉店した期間の賃料と共益費を免除する。

 Ingkaグループは現在、全世界の380店舗のうち282店舗のイケアストアに対し臨時休業の措置を取っており、中国では武漢地区以外の店舗の営業を再開した。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング