World News

スペインで新型コロナ感染拡大が深刻化、「ヴァレンティノ」展開のメイフーラが緊急対策費として1億円超支援

 スペイン国内の新型コロナウイルス感染拡大を受け、「ヴァレンティノ(VALENTINO)」「バルマン(BALMAIN)」「パルジレリ(PAL ZILERI)」を展開するメイフーラが、マドリード州に100万ユーロ(約1億1,700万円、1ユーロ=117円で換算)を寄付したと発表した。

— ADの後に記事が続きます —

 スペインでは新型コロナウイルスの感染拡大が首都マドリードなどを中心に深刻化しており、日本時間4月2日時点で感染者数は10万人、死者数は9,000人を突破。ロックダウン(都市封鎖)は2週間以上続いている。

 メイフーラは3月にも感染者の増加を防ぐ新型の陰圧換気装置を寄贈したほか、イタリア市民保護局に対して、ウイルスの治療サポートを目的に100万ユーロを支援した。今回は、マドリード見本市会場(IFEMA)内に急遽建設された救急病院「COVID-19 IFEMA 病院」の拡張促進を目的に、マドリード州に対し寄付を行った。救急病院ではパビリオン 10 の共用エリアに加え、パビリオン5、7、9でも工事を進め、同州最大となる感染者1,300人の収容を目指すという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング