ウィズ原宿 公式サイトより
ウィズ原宿 公式サイトより

Business

新商業施設の開業時期が5月以降に後ろ倒し、緊急事態宣言受け

ウィズ原宿 公式サイトより
ウィズ原宿 公式サイトより

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、4月に開業を予定していた商業施設の開業延期が相次いでいる。都内の施設を中心に、開業時期を5月以降に後ろ倒しにしている。

— ADの後に記事が続きます —

 「アトレ竹芝」は4月13日に予定していた第1期エリアの開業延期を発表し、現時点で開業時期は未定だという。NTT都市開発が4月25日の開業に向けて準備を進めていたJR原宿駅前の複合施設「ウィズ原宿(WITH HARAJUKU)」は、約1ヶ月後となる5月28日にオープン時期を変更した。

 また、住友不動産は緊急事態宣⾔および東京都をはじめとする各⾃治体からの要請により、4月21日にオープン予定の「羽田エアポートガーデン」を2020年夏頃に、4月24日に開業を予定していた「有明ガーデン」は5⽉15日に延期することを決めた。

 なお、全面建替え工事を終えて4月10日に開業を予定していた「三井アウトレットパーク 横浜ベイサイド」は、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から7日に予定していた関係者向けの内覧会を取り止めており、開業時期を4月13日に変更。新型コロナウイルスの感染拡大により世界各地で生産や物流に遅延が発生しているが、オープン準備において出店テナントから大きな支障が出ているといった報告は受けていないという。

 緊急事態宣言の期間は5月6日までとされているが、東京都内では4月6日20時時点で新たに83人の感染者が確認されるなど感染は依然拡大傾向にある。複数の施設では、今後の情勢次第で開業時期を再延期する可能性もあるという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング