Image by: FASHIONSNAP.COM

Business

三越伊勢丹が緊急事態宣言受けて臨時休館、食品フロアとオンラインショップも休業へ

Image by: FASHIONSNAP.COM

 三越伊勢丹ホールディングスが、4月7日の今日政府が発令する緊急事態宣言を踏まえ、三越伊勢丹の百貨店6店舗および小型店全店を4月8日から当面の期間、臨時休業することを発表した。休業期間は緊急事態宣言が解除されるまでを予定している。

— ADの後に記事が続きます —

 臨時休業する百貨店は、三越日本橋本店、三越銀座店、三越恵比寿店、伊勢丹新宿本店、伊勢丹立川店、伊勢丹浦和店の6店舗で、食品フロアも休業の対象に含まれる。三越と伊勢丹のオンラインショップおいても、同日から緊急事態宣言が解除されるまでの期間、一部を除き営業停止となる。

 同社は当初、先週末4月4日と5日に引き続き、今週末11日と12日の臨時休業を発表しており、平日の時短営業(11時〜19時)は4月10日まで継続するとしていた。

 なお、営業時間の短縮や顧客の外出自粛などにより、三越伊勢丹(首都圏5店舗)の3月の売上高は前年同月比で39.8%減少しており、今回の休業により4月の売上はさらに落ち込むと見られる。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング