メルカリ公式サイトより
メルカリ公式サイトより

Business

メルカリが政府配布の布マスク出品を禁止、商品削除や利用制限の対象に

Update:

【2020年4月14日19時追加】「ヤフオク!」も厚生労働省から配布される布マスクの出品について、衛生マスクと同様に禁止行為であると注意喚起のコメントを発表。出品を確認した場合は、出品削除などの措置を実施する。

メルカリ公式サイトより
メルカリ公式サイトより

 メルカリが、厚生労働省から配布される布マスクの出品について、他のマスクと同様に禁止行為であると注意喚起した。

— ADの後に記事が続きます —

 メルカリでは今年2月、新型コロナウイルス感染拡大に伴うマスクの高額転売が相次いでいたことを受けて、マスクの取引について「社会通念上適切な範囲」での出品・購入を促すコメントを発表。マスク自体は禁止出品物に該当しないが、取引状況によりメルカリ事務局が入手経路を確認する、または商品の削除や利用制限などの処置を行う場合があると注意喚起していた。

 しかし日本国内でのマスクや消毒液の品薄状態を受け、3月13日から当分の間、「衛生マスク(個人が自作したものを含む)」「衛生マスクとその他の商品を抱き合わせた出品」の出品を禁止。事務局が違反行為と判断した場合、商品の削除やアカウントの利用制限などの措置を取っている。

 今回は、感染者数が多い都道府県から布マスクが順次配布されることを受けて改めて注意喚起したもので、出品が確認された場合、衛生マスクなどと同様の対応を取るという。なお、厚生労働省は布マスクをすべての1住所あたり2枚ずつ、今週から配布する予定だ。

【マスクまとめ:買える編】ファッション企業が作るマスクの販売情報

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング