Lifestyle

「プラダ」が初のデジタルトークをインスタグラムでライブ配信、視聴者からの質問にも回答

 「プラダ(PRADA)」が、世界の思想家や文化人、ファッションに縁のある人々の対話をライブ配信する初のデジタルトーク「Prada Possible Conversations」を始動すると発表した。初回は日本時間の4月15日午前1時からインスタグラムの公式アカウントで配信する予定。

— ADの後に記事が続きます —

 Prada Possible Conversationsでは、ファッション、アート、建築、映画、思想の5分野から選出した専門家やアーティストをスピーカーとして迎える。視聴者からの質問に回答するほか、テーマに沿ったディスカッションを繰り広げるという。なお、配信は週1回を予定している。

 初回はジャカード x グーグル・アーツ・アンド・カルチャー・レジデンシー(Jacquard x Google Arts &Culture Residency) のアーティスティックディレクターとして活動するパメラ・ゴルバン(Pamela Golbin)と、「アナザーマガジン(AnOther Magazine)」のファッションフィーチャーディレクターを務めるアレクサンダー・フューリー(Alexander Fury)が登場し、「危機下におけるファッション」をテーマにディスカッションを行う。

 また、各配信ごとにプラダは国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)に寄付を実施。ファッションと社会による相互交流を示す機会として、ユネスコの取り組みを支援するという。

■プラダ クライアントサービス:0120-45-1913

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング