Image by: STAY HOME展〜写真家が自室で見ているものたち〜

Art

オンライン写真展「STAY HOME展」が開催、ハービー・山口らが自室で撮影した作品を公開

Image by: STAY HOME展〜写真家が自室で見ているものたち〜

 スマイルズの遠山正道が代表を務める「ザ・チェーンミュージアム(The Chain Museum)」と写真家のハービー・山口が、オンライン写真展「STAY HOME展〜写真家が自室で見ているものたち〜」を企画した。緊急事態宣言が解除される5月6日まで開催している。

— ADの後に記事が続きます —

 STAY HOME展は、国内外で活動する写真家の作品を対象に、自室で撮影した作品をオンライン上で発表する公募形式の写真展。ザ・チェーンミュージアムが運営しているアート鑑賞のプラットフォーム「アートスティッカー(ArtSticker)」内に特設ページを開設し、作品を紹介している。

 作品は5月3日まで応募を受け付けており、審査を通過した後に特設ページで公開される。4月17日時点でハービー・山口のほか、更井真理(SARAI MARI)や伊藤大介ら23人が参加し、全83作品を発表している。会期後はページを削除せずにアーカイブ化するという。

■STAY HOME展〜写真家が自室で見ているものたち〜:特設サイト

■参加アーティスト一覧 ※4月17日時点、登録順
ハービー・山口、Sarah Fujiwara、SARAI MARI、鈴木淳、藤田一咲、新井悠史、勝山基弘、KOUKI HATANO、Fumi Nagasaka、平野哲朗、三井彩紗、狩野萌、小川麻央、大塚和也、山崎明子、Mira Takahashi 、金子千裕、西崎遥、横田裕市、松原豊、伊藤大介、Ryo Shimizu、荒谷良一

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング