Culture

三越伊勢丹HD、世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット」に初出展

「バーチャルマーケット4」イメージ画像
「バーチャルマーケット4」イメージ画像
Image by: 伊勢丹

 三越伊勢丹ホールディングスが、VR空間上で行う世界最大級のイベント「バーチャルマーケット」に初出展する。イベント開催期間は4月29日から5月10日まで。

— ADの後に記事が続きます —

 バーチャルマーケットは2018年に初開催。VR機器やPCから参加でき、会場ではバーチャル空間上で使用するアバターの衣装やアクセサリー、架空の住居などの3Dアイテムを購入できる。2019年9月に開催した第3回では、出展企業30社と約600のサークルが出展し、延べ71万人以上が参加した。

 第4回を迎える今回は、現時点でソフトバンクやセブン&アイ・ホールディングス、ウィゴー(WEGO)などの企業40社と約1,400のサークルが出展を予定。現実と仮想現実空間を行き来して暮らす「パラリアルワールド(並行現実世界)」をテーマに、東京タワーや歌舞伎座など東京のランドマークを再現した仮想都市にブースを設置する。

 初参加となる三越伊勢丹ホールディングスは、伊勢丹新宿店の建物を再現し、リアル店舗に出店中の「ミノトール(MINOTAUR)」や「エヌティ(NT)」のデジタルファッションを販売。ミノトールでは一部、実在の商品も購入することもできる。このほか、伊勢丹の象徴であるタータンチェックのショッパーの3Dデータの無料配布も行う。

■バーチャルマーケット4 開催概要
開催日時:4月29日(水・祝)11:00~5月10日(日)23:00
参加方法:下記ソーシャルVRプラットフォーム内の特設ワールドより参加
VRChat
バーチャルキャスト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング