リデ ポット
リデ ポット
Image by: ピクセラグループ

Lifestyle

食卓に馴染むデザインの電気圧力鍋「リデ ポット」が登場、25分で炊飯が完了

リデ ポット
リデ ポット
Image by: ピクセラグループ

 ピクセラグループのデザイン家電メーカー A-Stageから、新ブランド「リデ(Re・De)」がデビューする。製品第1弾として、電気圧力鍋「リデ ポット(Re・De Pot)」を5月21日から全国の家電量販店で順次発売する。リデ公式オンラインストアや一部の家電量販店では先行予約を受け付けている。価格は税込1万4,800円。

— ADの後に記事が続きます —

 リデ ポットは「たった25分で『毎日特別ご飯』」をテーマにした電気圧力鍋。3つの調理モード(圧力調理、スロー調理、温め)を備えるほか、無水調理にも対応する。オートモードも搭載し、メニュー番号を選択するだけで自動調節調理ができる。自動メニューは炊飯、おかゆ、無水カレー、肉じゃが、クリームシチュー、さばの味噌煮、豚の角煮、りんごのコンポートの全8種。炊飯は1.8気圧で100℃を超える高温高圧調理によって25分で完成する。 

 調理容量は1.2Lで、白米は4合まで炊飯可能。蓋は左右に開け閉めするスライド式で、本体には蒸し器や計量カップ、内釜、内蓋、レシピブックなどが付属する。持ち運びやすい取手を設計し、食卓の上でも馴染むシックなデザインに仕上げ、カラーはブラック、ネイビー、レッドの3色をラインナップ。高級炊飯器メーカーを競合に設定し、販売台数は年間で6,000台、2年間で1万2,000台を目標としている。

■リデ:公式オンラインストア

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング