Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金
Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金
Image by: VIPO

Culture

ネットフリックスが国内の映画やテレビ制作従事者向けの支援基金を設立、約1000人に10万円ずつ支給

Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金
Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金
Image by: VIPO

 ネットフリックス(Netflix)が、新型コロナウイルスの影響で生活に困窮する制作スタッフを対象とする救援基金「Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金」を映像産業振興機構(以下VIPO)内に設立した。支給は先着1,000人程度を予定し、給付金額は一口10万円。応募期間は5月28日13時頃から6月末まで。応募数が支給可能額に達した時点で募集を終了する。

— ADの後に記事が続きます —

 ネットフリックスは、新型コロナウイルスの影響で職を失ったエンターテインメント業界のキャストやスタッフを支援するため、1億ドル(日本円で約111億円)の救済基金を3月に設立。同基金から1億円をVIPOに拠出し、今回の基金を立ち上げた。

 支給対象は、日本国内の映画やテレビドラマの制作に従事するフリーランスのスタッフで、新型コロナウイルスの影響により制作が延期あるいは中止になったことを証明できる人に限定。ネットフリックスのオリジナル作品に従事する人は対象外だという。対象職種は、助監督や制作進行、演技事務など多岐にわたる。申込はオンラインフォームで受け付け、申込から2週間程度での支給を予定している。

■Netflix 映画・テレビドラマ制作従事者支援基金:特設サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング