中郡暖菜氏
中郡暖菜氏

Media

雑誌「ラルム」が9月に復刊、中郡暖菜が編集長に復帰

中郡暖菜氏
中郡暖菜氏

 今年3月に発売した5月号をもって休刊したファッション雑誌「ラルム(LARME)」が、発行元を新たに9月から季刊誌として復刊する。創刊編集長の中郡暖菜氏が編集長に復帰し、徳間書店からラルムの事業を買い取り、自身が立ち上げた株式会社ラルムを通じて運営していく。新会社の資本金は1795万円。

— ADの後に記事が続きます —

 ラルムは2012年9月に創刊。「甘くてかわいい♡女の子のファッション絵本」をコンセプトにガーリーな世界観を発信し、中村里砂や黒滝まりあ、西もなか、菅野結以、加藤ナナ、山本舞香らをモデルに起用してきた。

 中郡氏は徳間書店でラルムを立ち上げ、同社史上最年少となる26歳で編集長に就任。発行部数を25万部に伸ばし、ラルムを人気雑誌に成長させた。2016年9月発売号をもって同職を退任し徳間書店を退社した後は、光文社の女性ファッション誌「ビス(bis)」を2017年5月にプレ創刊。編集長として2018年9月末まで同誌に携わった。ビス編集長退任後は、写真集などの書籍制作を手掛けるフリーの編集者のほか、アパレルブランドやコスメのディレクター、ガールズイベントのプロデューサーとして活動している。

 ラルムの休刊は今年1月に決定。休刊が決まった際に編集部から中郡氏宛に連絡があり、事業継続について相談を受けたという。新会社設立に至った理由について中郡氏は「最初はラルムの知名度やブランド力があれば、すぐに次の出版社が決まるのではないかと思ったが、中国資本の会社が手を挙げているなどの情報もあった。よくわからないまま買い取られてこれまで築き上げてきたラルムを失うのであれば、私が命懸けで守りたいと思った」と話す。

 中郡氏が手掛ける新生ラルムでは、休刊前と同様にメインターゲットを10代〜20代に設定。創刊当時から掲げるコンセプトを反映したガーリーな世界観はそのままに、トレンドを取り入れたスタイルを提案していく。旧ラルムのレギュラーモデルが一部続投するほか、新たにモデルを起用する予定。復刊に伴い編集部は新体制となり、4人ほど新しい編集部員が加入したという。発行部数を増やすことでマネタイズするビジネスモデルは考えていないといい、部数よりもパーセンテージを重視し実売80%を目指す。また、ECをベースとしたウェブ版を展開していくほか、インスタグラムやツイッター、TikTok、YouTubeなどSNSでの発信にも力を入れるという。

 出版業界では雑誌の販売不振が続いており、中郡氏も実売数を重視するものの「実売数だけで成り立つビジネスは女性誌では存在しえない状況」と捉える。ラルムでは、読者にとって「大多数の誰かのための本ではなく自分だけのための本」を意識してもらえるようなコンテンツを展開し、関係性強化を図っていくという。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング