「IDÉE TOKYO」内観イメージ
「IDÉE TOKYO」内観イメージ
Image by: 良品計画

Lifestyle

「イデー」の新業態が東京駅に、深澤直人が商品をキュレーション

「IDÉE TOKYO」内観イメージ
「IDÉE TOKYO」内観イメージ
Image by: 良品計画

 良品計画が、「イデー(IDÉE)」の新業態「イデー トウキョウ(IDÉE TOKYO)」を8月3日に開業するJR東京駅内の新商業施設「グランスタ東京」地下1階に出店する。

— ADの後に記事が続きます —

 イデー トウキョウは「暮らしに寄り添い、佇むデザインや民藝、アートを今の審美眼で選び直して紹介するショップ」をコンセプトに展開し、商品のキュレーションはプロダクトデザイナーの深澤直人が担当。店頭ではデンマークのインテリアブランド「カラクター(Karakter)」からアキッレ・カスティリオーニ(Achille Castiglioni)がデザインしたサイドテーブルや、深澤がデザインした「ミニマリズム」がテーマの土手重箱、無印良品の定番アイテムをカラー別注した「MUJI refine」シリーズの限定チェア、染色家の柚木沙弥郎がデザインした手拭いなどをラインナップする(価格はいずれも未定)。

 店内にはギャラリーを併設し、イデー トウキョウ独自の企画や展示会を行う。オープニング企画として陶芸家の黒田泰蔵による個展「不完全な完全」を開催する。会期は8月3日から9月1日まで。

■IDÉE TOKYO
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東日本東京駅構内グランスタ東京地下1階
オープン日:2020年8月3日(月)
営業時間:8:00〜22:00(日・祝は21:00まで)
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング