「DEAD STOCK TEXTILE SHOW」ヴィジュアル
「DEAD STOCK TEXTILE SHOW」ヴィジュアル
Image by: ACME

Lifestyle

ジャーナル スタンダード ファニチャー、70年代のデッドストックのテキスタイル使った家具を発売

「DEAD STOCK TEXTILE SHOW」ヴィジュアル
「DEAD STOCK TEXTILE SHOW」ヴィジュアル
Image by: ACME

 ベイクルーズの子会社アクメ(ACME)が、デッドストックのテキスタイルを使ったインテリア「DEAD STOCK TEXTILE SHOW」を7月17日にジャーナル スタンダード ファニチャーの渋谷店、大阪店、福岡パルコ店で発売する。

— ADの後に記事が続きます —

 DEAD STOCK TEXTILE SHOWでは、1970年代にデンマークやノルウェー、アメリカのデザイナーズ家具の張り地として使わる予定だったデッドストックのテキスタイルを採用。ソファー(5万5000円/本体4万円+カバー1万5000円)やクッションカバー(3500円)、シートクッション(8000円)、ビーズクッション(1万円)、ピクニックシート(6300円)、レジスターバッグ(7800円)、トートバッグ(2900〜3500円)、パーテーション(1万5000円/すべて税別)などを用意する。なお一般発売に先駆けて、公式オンラインストアで販売している。

■BAYCREW'S STORE:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング