GRINDER-MAN《HERO HEROINE》2018年 Supported by ASUS
GRINDER-MAN《HERO HEROINE》2018年 Supported by ASUS
Image by: 東京都現代美術館

Art

東京都現代美術館で「おさなごころを、きみに」展が開催、名和晃平や吉岡徳仁の作品などを展示

GRINDER-MAN《HERO HEROINE》2018年 Supported by ASUS Image by 東京都現代美術館
GRINDER-MAN《HERO HEROINE》2018年 Supported by ASUS
Image by: 東京都現代美術館

 東京都現代美術館で、展覧会「おさなごころを、きみに」が開催される。会期は7月18日から9月27日まで。

 おさなごころを、きみに展は大人がかつて子どもの頃に持っていた「おさなごころ」を思い起こさせる作品を紹介する企画展。メディアテクノロジーによる作品や映像を通じて親子が一緒に楽しめる内容で構成される。東京都現代美術館のコレクション作品や高精細な8Kの映像作品が並ぶ導入展示から始まり、「触覚」「身体、音と言葉」「忘却」「銀河」をテーマとした空間では名和晃平や吉岡徳仁、AR三兄弟、真鍋大度らによる作品を公開する。このほか、2020年度からプログラミング教育が必修となり重要性の高まったSTEAM教育の一環として、VRやAR、人工知能、人間拡張工学を取り入れた作品を紹介する。

■「おさなごころを、きみに」展
会期:2020年7月18日(土)〜9月27日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 3階
休館日:月曜日(8月10日、9月21日は開館)、8月11日、9月23日
開館時間:10:00〜18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
観覧料:一般 1300円、大学生・専門学校生・65 歳以上 1000円、中高生 800円、小学生以下無料
公式サイト

■参加予定作家一覧
名和晃平、吉岡徳仁、GRINDER-MAN、安藤英由樹、藤木淳、のらもじ発見プロジェクト、錯視ブロックプロジェクト、ジュスティーヌ・エマール、phono/graph、IDEAL COPY、CTG、幸村真佐男、森脇裕之、小阪淳、AR三兄弟、Rhizomatiks 、Research、ELEVENPLAY、MIKIKO、真鍋大度、石橋素、Kyle McDonald、渡邊淳司(NTT コミュニケーション科学基礎研究所)、落合陽一×日本フィルプロジェクトほか

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング