Fumitoshi Goto

ノートパソコンが米国で品薄に、リモート授業増加により環境整備に奔走

激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ

在米28年のアメリカン流通コンサルタント

フォローする:

■全米小売業協会(NRF)は先月、子供を持つ世帯が計画している商戦期間中の世帯支出額について今年は空前の大ヒットになるとの見通しを発表した。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によりリモート授業が増加することで、ノートブックなどコンピューター購入が支出を押し上げるとの予想なのだ。

NRFによると、2020年の新学期商戦の支出額は総額で1,016億ドル(約11兆円)となり、昨年の807億ドル(8.6億円)から26%の大幅増となる。

 新学期商戦の内訳では、幼稚園児から高校生までの子を持つ世帯(K12)の新学期支出総額が339億ドル(3.6兆円)で昨年の262億ドル(2.8兆円)から30%近くの伸びとなり、過去最高となった2012年の303億ドルから36億ドル(3,800億円)も上回った。

K12の1世帯当たりでは平均で789.49ドル(8.4万円)の支出となり、前年の696.70ドル(7.5万円)から90ドル以上の増加となった。

バック・ツー・カレッジ(BTC)となる大学生の子をもつ世帯に支出総額は677億ドル(7.2兆円)と前年の545億ドル(5.8兆円)から24%の増加となった。

過去最大となる2018年の553億ドル(5.9兆円)からも124億ドル(1.3兆円)も増加した形だ。BTCの1世帯当たりでは1,059.20ドル(11万円)となり、前年の976.78ドル(10万円)から大幅の伸びとなった。

 新学期商戦が空前の大ヒットとなるのは、リモートによるオンライン授業が増加するからだ。K12とBTCの買い物客55%は今秋から始まるクラスの一部が自宅での授業となると予想。

大半もしくは全てのクラスがリモート授業になると予想する買い物客も26%もいる。

こういったお客の72%がeラーニングに備えてノートブック・コンピューターや家具、文具を揃える必要があると回答している。

商品カテゴリーの内訳ではノートブックコンピューターを購入するとした人は36%に上り、スピーカーやヘッドフォンは22%、マウスやフラッシュドライブなどコンピューターアクセサリーは21%、プリンタは17%となっている。

新学期商戦の後半になり、ノートブック・コンピューターが不足する事態となっている。学校区などによってはノートブックを無料配布にしている地域もあるのだが、レノボやHP、デルのメーカーから供給に最大数ヶ月を要するとの通知もきているのだ。

特に遠隔授業で使われる低価格ノートブック・コンピューターが品薄となっている。AP通信では500万台近くも不足していると報じている。

リモート授業による需要過多に加えて、米中貿易戦争の影響で一部のサプライチェーンにボトルネックが生じているという。

アマゾンやウォルマートなどではウェブカム内蔵で250ドル以下のクロームブックなどの低価格ノートブック・コンピューターを見つけるのは難しい。

家電量販チェーン最大手のベストバイのオンラインストアでも500ドル以下のウェブカム搭載クロームブックでは31機種中、24機種が売り切れとなっている。残っているのもリファービッシュとなる中古しかないのだ。

 年末商戦では人気のオモチャを探すのに親たちは駆けずり回るのだが今年は暑い時期からノートブックを探して回らなければならないのだ。

⇒こんにちは!アメリカン流通コンサルタントの後藤文俊です。すべてのコンテンツはデジタル化されなければならないと思っています。すでにアメリカでは授業で使う教科書などもデジタル化が進んでいます。後藤は本を読むことが多く、日本の書籍ではアマゾンのキンドルを介して購入しています。キンドル・オアシスやペーパーホワイト、キンドル・アプリならアイパッド、ノートブックパソコンなど、書籍によってデバイスを変えて読んでいます。ただ一部にいまだにデジタル化していない書籍があります。その一方でデジタル化していない本が売り切れを起こしていたりします。全くの機会損失です。同時に顧客に不便を強要しており、出版社側に品位も疑います。自分たちの得になることしか見えておらず、変化適応できないのです。出版社にとって巨人ファンから阪神ファンになる(無論、その逆も)ほどの痛みがあるのでしょう。ただリモート授業に慣れた子どもたちが消費の中枢になる頃、コンテンツのデジタル化は絶対に避けられません。
紙の本を否定しているわけではないのですが(紙に書くという行為による学びは極めて重要!)、コロナ禍ではデジタル化を進めなければなりません。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング