OMOHARAREAL

アートと素材の関係性に着目した展示が表参道で開催、キュレーターは森美術館の元館長 南條史生

OMOHARAREAL

表参道・原宿のインフォメーションメディア

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

独創的なアイデアによる素材の昇華を目の当たりに

2020年12月20日(日)まで、神宮前5丁目の複合施設「Path表参道」内のギャラリー「gallery de kasuga」にて、アートと素材の関係性に着目した展示「素材-その形と心 The Material -Its Form and Spirit」が開催されている。

gallery de kasugaは、1896年に創業した麻問屋にルーツを持つギャラリー。同家の4代目として生まれ、現在は素材の研究者として活躍する春日秀之氏が「サイエンス to アート」をコンセプトに2019年秋にオープンした。

本展のキュレーションを手掛けたのは、森美術館の前館長で現在は特別顧問を務める南條史生氏。会場には、落合陽一氏やジャン・ワン氏、須田悦弘氏、宮永愛子氏ら国内外の現代アーティスト15名の作品があわせて24点並ぶ。使われている素材は、ガラスや陶、木、ブロンズ、ステンレス、紙など、日本の伝統工芸にも使われてきたものから最新のテクノロジーによって生み出された技術を用いたものまで様々。アーティストの独創的なアイデアによる素材の昇華を目の当たりにすることができる。

キュレーター・南條氏は本展に際して「素材が生み出す多様な可能性を楽しんでいただきたいと思います」とコメントを寄せている。会場を訪れればきっと、普段何気なく触れている素材の捉え方が変わるだろう。

■概要
素材-その形と心 The Material -Its Form and Spirit
会期:2020年11月5日(木)〜12月20日(日)
会場:gallery de kasuga
住所:東京都渋谷区神宮前5-6-5 Path表参道 A棟1F
電話番号:03-6427-7319
開催時間:12:00〜18:00
定休日:火曜
入場:無料

キュレーター:南條史生
主催:春日秀之(gallery de kasuga オーナー)
企画協力:エヌ・アンド・エー株式会社

>>EDITOR’S VOICE
gallery de kasugaから100mほどのところには、2020年10月31日(土)、クッキーチーズサンドを販売するキッチンカー「Cheese Pige(チーズピゲ) mini 表参道 Shop」がオープンした。ギャラリーを訪れたら、話題の新店にも立ち寄ってみては。

Text:Natsuno Aizawa

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング