グローバルアーティスティックディレクターに就任したハンナ・マレー
グローバルアーティスティックディレクターに就任したハンナ・マレー
Image by: ボビイ ブラウン

Beauty

30周年迎える「ボビイ ブラウン」 初のグローバルアーティスティックディレクターにハンナ・マレーを起用

グローバルアーティスティックディレクターに就任したハンナ・マレー Image by ボビイ ブラウン
グローバルアーティスティックディレクターに就任したハンナ・マレー
Image by: ボビイ ブラウン

 「ボビイ ブラウン(BOBBI BROWN)」の創立以来初となるグローバルアーティスティックディレクターに、メーキャップアーティストのハンナ・マレー(Hannah Murray)が就任した。

 ブランドは1991年にメーキャップアーティストのボビイ・ブラウン(Bobbi Brown)氏によって設立。1995年からはエスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)の傘下となり、グローバルで展開している。

 マレーはイギリス出身で元バレエダンサーという異色の経歴を持つメーキャップアーティスト。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「カルバン・クライン(Calvin Klein)」のキャンペーンヴィジュアルを担当したほか、雑誌「ヴォーグ(VOUGE)」や「i-D」で活動している。ボビイ ブラウンでは製品開発やキャンペーンルックのディレクション、メーキャップアーティストの育成、ニューヨークファッションウィークのバックステージワークなどに携わる。マレーによる初のキャンペーンルックは7月頃に公開される予定だ。

 なお、創業者であるブラウン氏は2016年にブランドから去り、昨年10月に新たなコスメブランド「ジョーンズ ロード(JONES ROAD)」を立ち上げた。肌への刺激となる成分を極力排除し、あらゆる肌タイプに対応するスキンケア成分を配合したマルチカラーバームやマスカラ、リップグロスなどをラインナップしている。

関連記事
25周年のボビイ ブラウン、創業者がブランド去る

■ボビイ ブラウン:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング