Beauty

「メゾン フランシス クルジャン」のミニフレグランスが定番化、人気の香りを用意

 LVMHグループ傘下のフレグランスブランド「メゾン フランシス クルジャン(Maison Francis Kurkdjian)」が、数量限定で展開していた35mLのミニサイズフレグランスを定番のラインナップに加える。人気の香り6種類を用意し、2月24日からブルーベル・ジャパン公式フレグランスサイト「ラトリエ デ パルファム」などで販売する。

— ADの後に記事が続きます —

 香りの種類は、ムスクやフローラル、シトラスが香る「アクア ユニヴェルサリス オードトワレ」(1万3900円)と「アクア セレスティア フォルテ オードパルファム」(1万9000円)、「天空の水」という意味を込めた爽やかな香りの「アクア セレスティア オードトワレ」(1万3900円)と「アクア セレスティア フォルテ オードパルファム」(1万9000円)、2種類のバラの香料にスミレやシダーなどをプラスした「ア ラ ローズ オードパルファム」(1万7200円)、「バカラ(Baccarat)」の創設250周年を記念して作られた、ジャスミンやサフランが華やかな香りを引き立てる「バカラ ルージュ 540 オードパルファム」(2万円/いずれも税別)を用意する。

■ラトリエ デ パルファム:公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング